名古屋駅キャンパブ「店名非公開」50分12,000円。ごっくんしてもらっちゃいました。

Adult

名古屋駅キャンパブ「店名非公開」50分12,000円。ごっくんしてもらっちゃいました。

  • Digital
    4,900 JPY

※この風俗体験談は37ページ。約20分で読めます。 《基本情報》 店名:老舗キャンパスパブ「店名非公開」 エリア:名古屋駅 業種:キャンパブ(ピンサロ) 女の子:〇〇ちゃん 〇〇歳 コース:12,000円=50分コース10,000円+入場料2,000円+指名料1,000円-メンバーズカード割引1,000円 《ポイント》 精飲。 それは「ごっくん」とも言われます。 AVでは「ごっくん」をテーマにした作品も多くあり、皆さん楽しそうに精子を飲んでいます。 が、ヘルスでは数千円のオプションが必要。 本番はOKでもごっくんはNGって女の子も。 精子っておいしくないし、そもそも初めて会った人の体液を飲むなんて無理ぃ。 と言ったところが風俗嬢の本音かもしれません。 ですが! プレイの流れで 「ねえ、ごっくんして」 と、お願いしたら素直にしてくれました。 〇〇ちゃん、なんていい娘でしょう。神対応。 追加料金も特に請求されませんでした。 感謝感激です。 《口コミ体験談》  2019年10月27日(日)  週末の名古屋駅はにぎやかです。  今からパーティーに行くのか、コスプレした人も見かけました。  皆さん、ウキウキした表情です。  ええ、私もハッピーです。  「店名非公開」の「〇〇」ちゃんの予約が取れました。  ネット上でも良好なサービスとの評判。  ワクワクが止まりまああああああせん。  ☆ ☆ ☆  〇〇の予約開始時間は当日9:30。  週末で人気嬢が出勤の時は本当に電話が繋がりません。  ふう太郎は諸事情でやや出遅れて10:00に電話をかけることができました。  「はい、〇〇です」 「予約をお願いしたいのですが」 「ありがとうございます。女の子のお名前をどうぞ」 「ゆえちゃんで」 「ゆえちゃんは完売です」  指名ランキングNo.2のゆえちゃん、、、10:00に電話して予約できるとは思っていなかったのですが、一応聞いてみました。  いつかはお会いしてみたいものです。  で、本命はこちら。  「〇〇ちゃん、18:00からは予約できますか」 「18:00は埋まっていますが、〇〇:〇〇からなら50分コースで予約できます」  指名No.〇の〇〇ちゃんに空きが!  これは予約しかありません。  「それでお願いします」 「承りました。予約時間の1時間前に確認のお電話をお願いします」 「わかりました」 「ではお待ちしております」  予約の電話は無事終了。  店員さんの対応は問題なしです。 ☆ ☆ ☆  電車で名古屋駅まで移動。  ちょっと早めに着いたので街をぶらぶらする予定。  無精ひげはそってあります。カマグラも服用済。  そうそう、お店に予約確認の電話をしなくては!  「はい、〇〇です」 「予約確認の電話です。〇〇:〇〇から〇〇ちゃんで」 「××様ですね。早めのご案内が可能です。〇〇:〇〇より早く来ていただく事はできますでしょうか」 「そうですね。〇〇:〇〇頃に着けます」 「ではお願いします」  と、言うわけで〇〇に向かって歩き始めます。途中のコンビニで差し入れも買っておきました。  名古屋駅からは徒歩10分。  〇〇の入っているビルが見えました。  それっぽい派手な看板があるので迷いません。  階段を下りて地下1階へ。  センサーが反応してチャイムが鳴ると店員さんが出迎えてくれます。  「お客様、ご指名ご予約のお客様でしょうか」 「予約です」 「お客様と女の子のお名前を」 「××です。〇〇ちゃんの予約です」 「この女の子でよろしいでしょうか?」  店員さんが女の子の写真を見せてくれました。  「はい、この子でお願いします」 「50分コースでよろしいでしょうか?」 「はい。あ、メンバーズカードあります」  私はカードを店員さんに渡します。  「では12,000円になります」  メンバーズカードで1,000円の割引になりました。  支払いを済ませると青いプラスチックの番号札を渡されます。  カーテンを開けて、待合室に。  週末なので混んでいます。  10人くらい。ぎっしりソファーに座っていました。  予約していなければかなり待つことになっていたでしょう。  客層は大学生風から初老の男性まで。  幅広いファン層です。  私は待合室のソファーに空いている席を見つけて座りました。  爪切りが置いてあったので、爪も切っておきます。  「〇〇番のお客様、」 と、店員さんが番号を言いました。  お店が混んでくると店員さんは誰がどのコースなのか覚えていられません。  番号札の番号で案内されます。  おっと、私の番号でした。  「はいっ」 そう言って私はソファーから立ち上がります。  「トイレでうがいと手洗いをお願いします」 と、店員さん。  トイレのドアを開けてくれました。  用を済ませ、イソジンでうがいをし、デオドラントスプレーがあったのでしゅっとひと吹き。  準備完了。  お手洗いを出るとすぐのご案内。  「手の消毒をします」 と、言って店員さんが手にスプレーで消毒液をかけてくれました。  カーテンの前に立ちます。  感動の瞬間!  カーテンが開くとそこにはセーラー服の冬服を着た女の子がっ。 -------------------------- 当情報の一部あるいは全部はフィクションです。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

※この風俗体験談は37ページ。約20分で読めます。 《基本情報》 店名:老舗キャンパスパブ「店名非公開」 エリア:名古屋駅 業種:キャンパブ(ピンサロ) 女の子:〇〇ちゃん 〇〇歳 コース:12,000円=50分コース10,000円+入場料2,000円+指名料1,000円-メンバーズカード割引1,000円 《ポイント》 精飲。 それは「ごっくん」とも言われます。 AVでは「ごっくん」をテーマにした作品も多くあり、皆さん楽しそうに精子を飲んでいます。 が、ヘルスでは数千円のオプションが必要。 本番はOKでもごっくんはNGって女の子も。 精子っておいしくないし、そもそも初めて会った人の体液を飲むなんて無理ぃ。 と言ったところが風俗嬢の本音かもしれません。 ですが! プレイの流れで 「ねえ、ごっくんして」 と、お願いしたら素直にしてくれました。 〇〇ちゃん、なんていい娘でしょう。神対応。 追加料金も特に請求されませんでした。 感謝感激です。 《口コミ体験談》  2019年10月27日(日)  週末の名古屋駅はにぎやかです。  今からパーティーに行くのか、コスプレした人も見かけました。  皆さん、ウキウキした表情です。  ええ、私もハッピーです。  「店名非公開」の「〇〇」ちゃんの予約が取れました。  ネット上でも良好なサービスとの評判。  ワクワクが止まりまああああああせん。  ☆ ☆ ☆  〇〇の予約開始時間は当日9:30。  週末で人気嬢が出勤の時は本当に電話が繋がりません。  ふう太郎は諸事情でやや出遅れて10:00に電話をかけることができました。  「はい、〇〇です」 「予約をお願いしたいのですが」 「ありがとうございます。女の子のお名前をどうぞ」 「ゆえちゃんで」 「ゆえちゃんは完売です」  指名ランキングNo.2のゆえちゃん、、、10:00に電話して予約できるとは思っていなかったのですが、一応聞いてみました。  いつかはお会いしてみたいものです。  で、本命はこちら。  「〇〇ちゃん、18:00からは予約できますか」 「18:00は埋まっていますが、〇〇:〇〇からなら50分コースで予約できます」  指名No.〇の〇〇ちゃんに空きが!  これは予約しかありません。  「それでお願いします」 「承りました。予約時間の1時間前に確認のお電話をお願いします」 「わかりました」 「ではお待ちしております」  予約の電話は無事終了。  店員さんの対応は問題なしです。 ☆ ☆ ☆  電車で名古屋駅まで移動。  ちょっと早めに着いたので街をぶらぶらする予定。  無精ひげはそってあります。カマグラも服用済。  そうそう、お店に予約確認の電話をしなくては!  「はい、〇〇です」 「予約確認の電話です。〇〇:〇〇から〇〇ちゃんで」 「××様ですね。早めのご案内が可能です。〇〇:〇〇より早く来ていただく事はできますでしょうか」 「そうですね。〇〇:〇〇頃に着けます」 「ではお願いします」  と、言うわけで〇〇に向かって歩き始めます。途中のコンビニで差し入れも買っておきました。  名古屋駅からは徒歩10分。  〇〇の入っているビルが見えました。  それっぽい派手な看板があるので迷いません。  階段を下りて地下1階へ。  センサーが反応してチャイムが鳴ると店員さんが出迎えてくれます。  「お客様、ご指名ご予約のお客様でしょうか」 「予約です」 「お客様と女の子のお名前を」 「××です。〇〇ちゃんの予約です」 「この女の子でよろしいでしょうか?」  店員さんが女の子の写真を見せてくれました。  「はい、この子でお願いします」 「50分コースでよろしいでしょうか?」 「はい。あ、メンバーズカードあります」  私はカードを店員さんに渡します。  「では12,000円になります」  メンバーズカードで1,000円の割引になりました。  支払いを済ませると青いプラスチックの番号札を渡されます。  カーテンを開けて、待合室に。  週末なので混んでいます。  10人くらい。ぎっしりソファーに座っていました。  予約していなければかなり待つことになっていたでしょう。  客層は大学生風から初老の男性まで。  幅広いファン層です。  私は待合室のソファーに空いている席を見つけて座りました。  爪切りが置いてあったので、爪も切っておきます。  「〇〇番のお客様、」 と、店員さんが番号を言いました。  お店が混んでくると店員さんは誰がどのコースなのか覚えていられません。  番号札の番号で案内されます。  おっと、私の番号でした。  「はいっ」 そう言って私はソファーから立ち上がります。  「トイレでうがいと手洗いをお願いします」 と、店員さん。  トイレのドアを開けてくれました。  用を済ませ、イソジンでうがいをし、デオドラントスプレーがあったのでしゅっとひと吹き。  準備完了。  お手洗いを出るとすぐのご案内。  「手の消毒をします」 と、言って店員さんが手にスプレーで消毒液をかけてくれました。  カーテンの前に立ちます。  感動の瞬間!  カーテンが開くとそこにはセーラー服の冬服を着た女の子がっ。 -------------------------- 当情報の一部あるいは全部はフィクションです。
fuzokutaiken